筋トレ論

筋トレなんか無駄な努力で時間の無駄だ!そんなことを考えている人へ

タイトル通りですが、筋トレは時間と努力の無駄!というテーマで述べていきます。

私は筋トレ歴2年で、週に最低でも4日は筋トレを行っている筋トレ大好き人間です。生活の中で筋肉を意識しないことありません。

筋トレを始めて熱中しすぎて、週に3日以上ジムに通っている方も多いのではないでしょうか。筋トレというのは、体が大きくなるという実感や使用重量が伸びた時に達成感を感じるものです。

例えば、半年間で体重が5kg増えたのに、見た目は以前よりも引き締まったことや、ベンチプレスが20kg伸びたなどの日々の成長を実感することができます。

こういった幸福を与えてくれる筋トレですが、「無駄な努力」ではないかと考えてしまうことはありませんか?

今回は筋トレが「無駄な努力」「時間の無駄」かどうかを、筋トレ歴2年の私の意見を述べていきます。

筋トレは無駄無駄無駄無駄!

筋トレは時間の無駄!

答え:人それぞれの価値観次第ですが、単純に時間で捉えると無駄です。

というのが答えです。

人それぞれなので、私の価値観について述べると「時間の無駄」です。このように結論付けた理由について解説します。

人間に与えられた時間は1日24時間です。僕は1日18時間しかありませんよって人はいませんよね。この時間は神から与えられた平等な時間です。

筋トレをするということは、1日の貴重な24時間のうち1時間は使うことになる訳です。つまり、人よりも1日で使える時間が減少しているのです。

ではナゼ「時間の無駄」と考える私は、筋トレを2年も続けてきたのか疑問に思うことでしょう。その理由は筋トレが楽しいからです。具体的には3つの楽しいがあります。

  1. 筋トレ後のドーパミン放出により、気分が高揚して楽しい
  2. 筋肉量が増え、体が大きくなるという変化が楽しい
  3. ベンチプレス、スクワットなどの使用重量が伸びて楽しい

以上が筋トレを2年続けてこれた理由になっています。

人生の中で「無駄なこと」が人生を豊かにすると考えています。

 

例えば、スマホのゲームやスポーツ観戦、草野球などは言葉を選ばずに言うと、無駄な時間です。どんなに草野球を頑張っても、どんなにスマホゲームのパズドラを頑張っても1円の収入にもなりません。

全ての事象をお金で捉えるとするのならば、筋トレは無駄の象徴です。

しかし、「人生」に幅を持たせるという観点から俯瞰してみた場合、無駄なことは何もないのです。人生の幅とは多面的にとらえることができる価値観としましょう。

価値観が極端に狭い人って周りにいませんか。例えば、サラリーマンとして定年まで勤め上げることが幸せだ!とかです(親の考え方)。

働かずとも幸せで裕福に暮らしている人がいるのも事実です。それならば、できる限り働かずに、家族や恋人と過ごす時間を優先した方が僕は幸せな気がします。人生を自由に生きるのも、縛られて過ごすのも自分次第です。

だから少しでも、不労所得を得ようとブログを頑張っているのですが、それは置いておきましょう。

サラリーマンとして働かなくても、生活をしている人を知っているからこそ、自分の親よりも人生を豊かに生きる可能性は広がる訳です。

結局なにが言いたいのというと、時間とか気にせずに好きなことをトコトン突き詰めればいいんです。

サイドレイズを知らない人よりも、サイドレイズを知っている人の方が人生は豊かに違いありません。

筋トレは無駄な努力!

筋トレをしても体が変わらなかったから、筋トレは無駄な努力になるのでしょうか。

本当に私は筋トレ頑張りました。でも…という人へ

アナタはなんのために筋トレをしますか?

・ダイエット

・いい体になりたい

・モテたい

・運動が好き

【現状】ガリガリor デブ

【問題】腕が細くて弱弱しそうで恥ずかしい。健康的な問題

【解決法】続けるメリットを意識すること

継続しても無駄なんじゃないかとならないように、筋トレを始める前によく考えましょう。筋トレをする方針を立てます。まずは、筋トレをするメリットを意識することが重要です。メリットさえ意識することができれば継続できます。その理由は「メリットがあるのだから、無駄ではないと思えるから」です。

例えば、仕事が辛くなった時には給料をもらっていることを再確認することや、弊社で使える福利厚生を見るなどです。自分がいるポジションで享受できるメリットを再確認することで、働く意味が見つかると思います。

私の場合でいうと、少しでも無駄な努力ではないかと不安になった時には、筋トレをするメリット再確認するようにしていました。例えば、親が糖尿病気質で自分も血糖値が危ういが、筋トレをすると血糖値を下げる働きがあり、糖尿病対策になりました。病気予防と考えると小心者の私は俄然やる気が出たのです。その結果、ちょっといい体を手に入れることができました。加えて、糖尿病になるリスクを下げることもできたのです。

逆に筋トレをしないリスクを考えても面白いかもしれません。筋力低下により疲れやすくなる。運動をしないので、お腹が出てきた。ガリガリだから舐められる。免疫力が低下する。他にもたくさんありますが、上記のようにリスクを考えるとなんか筋トレやりたくなりませんか?

つまり、考え方ひとつで目標達成に近づくのか変わってくるのです。

一般的に無駄な努力とはどのような状態か?

目標達成のために継続してきたことを途中で辞めてしまうことを「無駄な努力」としましょう。

海でいい体を見せたいと思い、春頃から筋トレを3か月間週4日頑張った結果達成した。この場、努力が実ったと言えますよね。だって目標達成していますから。

逆に、3か月で85kgあった体重を70kgまでダイエットを試みたが、1ヵ月でダイエットを辞めてしまった場合、一般的に無駄な努力に相当しています。

両者の違いは、目標を達成しているのかしていないかの違いです。

つまり、後者のダイエットの話ではダイエットを辞めなければ無駄な努力にならないのです。ダイエットを辞めなければ、目標を達成する可能性があるからです。アインシュタインも同じことを言っていましたね。

結論としては、やめなければ成功なんです。

まとめ

今回の記事のまとめです。

  1. 筋トレは単純に時間的には無駄だけれども、無駄なことをするのが人生なのでやりたいことに熱中しましょう。
  2. 目標達成まで続ければ、無駄な努力はありません。

以上の2点を僭越ながらお伝えした内容です。この記事を見て少しでも、筋トレを継続するかどうかの迷いがなくなれば幸いです。

 

 

 

ABOUT ME
PANDA君
月間3万PVの筋トレブロガーです。 筋トレ・サプリメント・筋トレグッズ・ブログ運営初心者など様々なジャンルの記事を執筆しています。 ネット上にあるくだらない読み物として認識してもらえれば喜びます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です