筋トレ論

シャイニー薊(あざみ)の最強の減量食【沼の作り方】レシピを再現してみた

みなさん減量ははかどっていますか?なるべく減量中に食べるものは楽に調理できる食事をとりたいものですよね。簡単な減量食を作りたい!そう考える私がNPCJで活躍されているJINさんの動画で紹介されていたシャイニー薊さんの食事である沼に興味を持ったのでそのレシピをシェアしたいと思います。

 

このような背景から、YouTubeでマッスルグリルとして動画を配信されているシャイニー薊さんの最強の減量食である沼を作ってみました。

 

毎日沼を食べているシャイニー薊さんの体

沼のレシピ

1800kcalの場合(沼+卵2個(MサイズかLサイズか不明))

・米2合(272g)

・水1.8~2.0L

・乾燥わかめ30g

・干しシイタケ30g

・オクラ10本

・鶏むね肉679g

・カレー粉

・塩胡椒

上記の材料で沼食べて、夜に卵2個を食べて総カロリー1800kcalになります。

2000kcalの場合(沼+卵2個(MサイズかLサイズか不明))

・米2合(277g)

・水1.8~2.0L

・乾燥わかめ30g

・干しシイタケ30g

・オクラ10本

・鶏むね肉754g

・カレー粉

・塩胡椒

上記の材料で沼食べて、夜に卵2個を食べて総カロリー2000kcalになります。

【圧力鍋で作る】マッスルグリルのシャイニー薊式!沼の作り方この記事ではシャイニー薊さんの減量食【沼】を圧力鍋で作る方法について紹介しています。 大量に作って失敗したら嫌なの...

調理手順

 まずは10合炊きの炊飯器を購入してください。理由は沼に水分量を含ませて食べた後の満腹感を高めるために、できるだけ多くの水が入れられる10合炊きの炊飯器が必要だからです。

 

例えば、リンゴと食パンではリンゴの方が重量が重いはずなのに食パンの方がカロリーが高いということがあります。これは両者の水分量の違いから、カロリーが違っているのです。リンゴの方がカロリーが低い上に満足感も高く、この恩恵を沼に蓄積するためにできるだけ多くの水を炊飯器に入れる必要があるのです。

 

なので、炊飯器に水を多く入れるために10合炊きの炊飯器を購入してしてください。

 

とはいえ、沼初心者がいきなり10合炊きの炊飯を購入することはおすすめしません。なぜなら10合炊きの炊飯器買ったはいいが、沼を作り続けられなければ10合炊きの炊飯器を買った意味がありません。炊飯器を1回使って終わりだなんてもったいない!だから、まずはご家庭にある3~5合炊きの炊飯器で沼づくりにチャレンジしてみてください。

 

一度3~5合炊きの家にある炊飯器で沼を作ってから、沼づくりを本格的に行いたい方は10合炊きの炊飯器を購入しても遅くはないと思います。ちなみにこのブログでは5合炊きの炊飯器で沼を作っています。

5合炊きの場合、米の量を1合にし、具材も半分にすると美味しくできます!水はたっぷり入れてください。 

 

 

 

まずは、お買い物へ行って食材を購入しましょう。オクラは夏の野菜なので今回はオクラ無しで沼を作りました。シャイニー薊さん曰く、オクラを入れると驚くほど鶏むね肉が柔らかくなるそうなので、沼にオクラは入れた方がいいでしょう。

 

夏の野菜であるオクラを貧乏人の私は買えるはずもないので、今回の沼にはオクラを省略することにしました。

 

鶏むね肉を発泡スチロールのトレイから取り出して、

 

鶏むね肉の皮をはぎ取ります。

 

鶏むね肉を一口サイズにカットしません。沼は夜に焚いて朝まで寝かせるので、鶏むね肉をカットしなくても溶けてなくなっているとのこと。鶏むね肉を切る必要がないので、面倒な作業が減って便利ですね。

 

本来は干しシイタケ、乾燥わかめ30gずつ入れるらしいけど、お試しで今回は干しシイタケ、乾燥わかめ10gずつ入れることにしました。

 

これで準備完了です。

 

10合炊きの炊飯器の場合、272gの米の量に対して1.8~2.0Lの水を入れているみたいです。

 

私の炊飯器は5合炊きなので、2Lも水は入らないので、白米4.5合の線まで水を入れました。

炊飯器が5合炊きの場合、水が入らないので米の量を1合にするとより沼らしくなります。

 

 

上の写真は5合炊きで沼を寝かせず炊き上がりすぐの状態です。まだ沼にはなっていませんが、このまま食べることもできました。

夜に炊飯器で沼を焚いて朝まで蒸らして完成です。その後に弁当箱4等分にして4時間おきに食べましょう。薊さんは朝8時から4時間おきに沼を食べるらしいです。

味の感想

沼になっていない状態で食べてみましたが、減量食として食べることはできます。

味はカレー粉で味付けをしているので当然カレーの味がします。見た目のわりにおいしくて食べやすいですが、わかめの食感がねちょねちょしていて少し気持ち悪いです。まだ私が作製したものは沼になっていない+オクラを入れていなかったので、鶏むね肉がカチカチ・ぱさぱさの食感でした。

 

この経験から、夏野菜のオクラをなけなしのお財布から購入して、沼になるように夜に焚いて朝まで沼を寝かせることをおすすめします。

 

余談ですが、沼にトマトを入れるとマグマになるらしいですね。沼にバリエーションを出すために独自の沼の改良もいいかもしれませんね。

マッスルグリル究極の減量食【マグマ】レシピを再現してみた!食べるだけの簡単ダイエットマッスルグリルのシャイニー薊さんが実際に減量期に食べている「沼」に続き、第二弾の減量食「マグマ」のレシピ記事です。 私はトマトが好...

 

沼を食べるメリット

沼を食べるメリットは4つあります。

①一度に四食分の沼を作ることができるので、減量食を用意する手間が少なく済む。

②炭水化物の割合が高めで、トレーニング強度が落ちにくい。

③安価な食材で、減量食を調理できるのでお財布にやさしい。

④減量中の食事の管理がラク!

結論

私も勘違いしていたのですが、沼+卵2個で1800kcalなのでお間違えの無いように。

 

シャイニー薊さんで1800kcalの沼を三週間続けて、コンテスト出場できる状態に体を仕上げることができるので、トップフィジーカーでもない限り1800kcalでは絞れないと感じました。

 

なので、1800kcal以下の独自の沼を作って減量をする必要がありますので、ほとんどの人は1800kcalの沼の分量は参考になりません。各々責任をもって自分に合った沼づくりにチャレンジしてみてください。

【圧力鍋で作る】マッスルグリルのシャイニー薊式!沼の作り方この記事ではシャイニー薊さんの減量食【沼】を圧力鍋で作る方法について紹介しています。 大量に作って失敗したら嫌なの...

 

ABOUT ME
PANDA君
月間3万PVの筋トレブロガーです。 筋トレ・サプリメント・筋トレグッズ・ブログ運営初心者など様々なジャンルの記事を執筆しています。 ネット上にあるくだらない読み物として認識してもらえれば喜びます。
こちらの記事もおすすめ!

POSTED COMMENT

  1. 沼信者 より:

    米の分量も半分に減らさないと沼にならないの当たり前では……?

    • PANDA君 より:

      ご指摘ありがとうございます。

      他の記事を閲覧したところ沼5合炊きの場合、米の量を1合にするのが最適のようですね。

      読者に誤解を与えないように、記事の修正をさせていただきます。ありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です