未分類

17ライブで副業する方法について稼ぐ方法やコツなどをまとめてみた!本当に稼げるのかどうか気になるあなたへ

皆さま、台湾発祥のライブ配信アプリ「17Live」はご存じでしょうか?世界中(アジア中心に広がりつつある)自身のコンテンツを簡単にライブ配信することができるアプリで、とても注目を集めています。年収1000万円を超える17ライバーたちが続出していることでも有名で、テレビでも取り上げられたほどです。今回は17Liveのアプリを無料でダウンロードして自身のコンテンツ(歌やトーク)を用いて、安定した副業収入を得る方法についてご紹介したいと思います。

17Live(イチナナライブ)とは?

17Liveは台湾発祥のライブ配信アプリで、スマホ一つでいつでもどこでも、だれでも無料でライブ配信ができるアプリです。

台湾に本社があるM17 Entertainmentが運営

M17 Entertainmentは2015年に台湾で、台湾のHipHopアーティストJeff Huangによって創業されました。2017年9月よりIVPと台湾17 Mediaの共同出資によって、株式会社17 Media Japanを設立し、日本でも17 Liveの配信サービスが開始されました。

17 Live の "17"とは仲間という意味

17 Live の"17"という語源が気になった方もいると思います。私も気になったので調べてみると、以下のような意味合いがあることが分かりました。

一起(イーチィ)は中国語で「仲間」と「義」表します。

数字の1と7(イー・チィ)は同じ発音であることから、17=「仲間」という意味を表す言葉なのです。

つまり、17 Liveは個性的で仲間を大切にするようなスピリッツを踏襲しているメディアであることがうかがえます。ヒップホップ出身である創業者Jeffrey Huang さんの仲間を大切にする文化が17の中に込められているのです。

世界9ヵ国に展開そしてユーザー数は4000万人以上

日本だけではなく世界9ヵ国に展開し、全世界でユーザー数は4000万人を突破しています。具体的には、台湾・日本・中国・香港・韓国・ベトナム・タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシアで展開されています。比率的には、台湾発祥なので台湾ユーザーが多いのが特徴です。

ライブ配信を行うのも、閲覧するのも無料

自分の好きな歌や、グルメの話、メイク、ダンスなどを世界中の人に無料で配信することができます。そしてライブ配信を見る人も無料で見ることができるのです。

なぜお金を稼ぐことが可能なのか?

結論:ギフトによって収益を得ることが可能です。

もう収益を得る方法について少し掘り下げて説明させていただきます。

ライブ配信中に視聴者が購入したギフトを貰うとお金が入る

単純に17Liveで歌やダンスなどをライブ配信しているだけでは、収入を得ることができません。17Liveで収入を得るためには、ライブ配信中に視聴者が購入した「ギフト」を貰う必要があります。

ちなみに17Liveのギフトは

1ポイント=1円(ポイントの半分を運営側が貰う)

例えば、ライブ配信中に1000ポイントのギフトを貰ったとすると、そのうちの50%である500ポイントがライバーの収益となり、残りの500ポイントが運営側の収益となります。

投げる銭と書いて、「投げ銭」と呼ばれているものが「ギフト」になっています。

ポイントの半分って結構持っていかれるのですね。お笑い事務所吉本のギャラ9:1よりは親切なギャラ設定なので、17Liveの運営側って意外とライバーにやさしいのかもしれません。

換金するためには100USドル以上必要

17Liveで報酬・ロイヤリティーを受け取るためには2つの条件があります。

  1. PayPalアカウントを持っている
  2. 17Liveでのロイヤリティーが100USドル以上

まとめ

ユーザー数4000万人以上のライブ配信アプリ17Liveについて記事をまとめてみました。

17ライバーとしてライブ配信をするのは、無料なので歌やダンス、トークなどに自信がある人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

とりあえず何も考えずアプリをダウンロードしてみましょう。行動あるのみです!

 

ABOUT ME
PANDA君
月間3万PVの筋トレブロガーです。 筋トレ・サプリメント・筋トレグッズ・ブログ運営初心者など様々なジャンルの記事を執筆しています。 ネット上にあるくだらない読み物として認識してもらえれば喜びます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です